《10/23 例会報告》

こんにちは!
サークル一年生の星野と増田です!

10月23日(木)の例会報告です。
先輩のサポートを受けながら、例会初担当だったので、とっても緊張しました・・・。

まずは前半企画「質問攻めゲーム」。
①グループに分かれます。
②グループの中で代表者を決めます。
③代表者は、配った封筒の中から紙を1枚抜きます。
④紙には質問が書いてあるので、みんなでその質問を読みます。
質問例:「自分を動物に例えると?」「行ってみたい国はどこ?」
⑤代表者はその質問の答えを考えます。
⑥他の人は代表者に質問をして、答えを当てます。
⑦代表者を変えて、③~⑥を繰り返します。

手話を使ったグループトークが少しでも盛り上がればいいなと思って、クイズ形式の企画を考えました!
実際にこの企画をやってみて、やはり時間配分が難しい・・。
また、できるだけ多くの単語や質問が出てきやすいよう、何か工夫できればよかったなと思いました。

後半企画「神経衰弱しよう!」
①グループに分かれて下さい。
②カードを配るので、神経衰弱をして下さい。
③めくったカードの手話表現の確認もして下さい。

注意点:
言葉が同じ時ではなく、手話表現が同じ時にカードをとって下さい。
例)ジェスチャーと動き

この企画色々と問題があり、一番の問題はすぐに終わってしまうという…。楽しんでもらえようでしたので、まだ良かったかと思います。
実は作ってる途中で既に沢山問題があることに気付いていたのですが、やりたかったので気付かなかったことにしました。
完成度の低い企画を実行してしまい、参加して頂いた方々には申し訳なく思っています。

例会を担当することで、受け手でいるだけでは気付かなかったことに気付くことが出来ました。たぶん。
今回得た反省を来年実際に自分たちが運営をしていく中で活かしていければ良いなと思います。

《10/16例会報告》

こんにちは!
サークル1回生のももちゃんです!
16日の例会報告をします♪

今回は、2回生の方のサポートを受け、同じくサークル1回生のケイちゃんと一緒に初めて例会担当をしました。

前半企画は「芸術の秋!指文字しりとり」。
①グループに分かれます。
②発表されたテーマに合わせて、時計回りに指文字しりとりをします。
③指文字を表している人の右隣の人は、指文字を読み取って、その指文字が表す単語の絵を描きます。(指文字を表している人の1つ前の順番の人が絵を描くということになります)
④合図があったら、しりとりをやめて、描いた絵を見ながらしりとりに出てきた単語の確認をします。
⑤②~④を繰り返します。
注意:しりとりは声なしで、単語の確認は声つきでお願いします。
のように進んでいきます。
ルールが複雑だったので伝わるのに少し時間がかかってしまったのは反省です(>_<)
また、言葉を考えるときに、テーマに合っているかどうかと、絵に表せる言葉かどうかの2点を考えなくてはならないところが大変でした。テーマ設定はなくてもよかったかもしれません。
でも、普段は見ることができないみんなの画力をうかがい知れたという意味では、芸術の秋らしい企画になってよかったなと思います♪

後半企画は「物語の世界に入ろう!」。
浦島太郎の物語を3つの場面に分け、3つのグループに手話劇で演じてもらうことで、最後に1つの劇が完成するというものでした。
最初にお渡しする台本を間違えてしまい、ご迷惑をおかけしました…
時間的に厳しい状況ではありましたが、どのグループからも笑い声が聞こえてきて、楽しそうでした。
発表では、台本では表現されていないような細かいところまで演じられていて、みんなが知っている浦島太郎の物語なのになんだか新鮮でした!楽しんで練習すると楽しい劇ができるんだな、と思いました。

初めて自分たちで例会を作ってみて、企画を考えて運営する大変さと同時に、自分がやってみたいと思うものを実現できて、それでみんなが楽しんでくれることがどれほどうれしいことかわかりました。みんなが手話を楽しむためにはどんな企画がいいのか、普段の例会に参加する中でも考えてみたいと思います!

<10/4例会報告>

こんにちは!

サークル一回生のよしみんです(^o^)
先週の例会報告をします。遅くなりました…

今回は二回生の方に手伝ってもらって、サークル一回生のもみさんとふたりで初めての例会担当をしました。

前半企画は「この単語どうやって伝える?」というもの。ざっくりと言えば、ある単語を指文字禁止、声なし口話なしで伝えるというものです。単語を文章説明の手話やジェスチャーで表現してもらいました。
一人ではなく、ペアを組みながらグループ内で発表してもらいました。

ですが‥単語が難しすぎましたねσ(^_^;)
アメンボとかシフォンケーキとか防犯ブザーとか…一応15個程度の単語を用意していたのですが、40分で5個がやっとでした。難しくしすぎて反省の企画となりました‥m(_ _)m
口話ありはして良かったかなとも思います。
一方で難しい方が楽しいよという意見もあったので、お許しを。。


後半企画は「グループトーク」
夏休みも終わり、みんなに聞いて欲しくなるような話がたくさんあるはずだ!と思い、グループトークを選びました(^^)
一つ目のトークテーマは「夏休み一番楽しかったことは?」二つ目のトークテーマは「秋に読みたい本、紹介したい本はありますか?」でした。
一つ目は定番ですね!休み明け初の例会ですし(^^)二つ目は少し話すのが難しいかな?と思いつつ発表しましたが、話したいテーマだったから良かったとの声があり、嬉しくなりました。読書の秋ですもんね!
後半企画では3つのグループに分かれてもらったのですがどのグループからも笑い声がたくさん聞こえてきて、盛り上がっていました。
時間が少し短かったので、話し足りなかったかもしれませんが、みなさんめいっぱい楽しんでもらえたようで良かったです!

自分でやってみて、例会をつくる楽しさを知りました。次はどんな企画が良いかなーと今からぼんやり考えています(笑)
みんながもっともっと手話を楽しめる例会を作れるようこれから頑張ります♪
プロフィール

京都大学手話サークル運営回生

Author:京都大学手話サークル運営回生
京大手話サークルのブログへようこそ!サークルに関する情報を伝えていきたいと思います。
京大手話サークルHPはこちら!

コンタクト
見学希望の方、または質問・興味がある方はお気軽にご連絡下さい。

コンタクト

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる