3月17日 例会報告

今週の前半企画も、初級指導練習をしました。
新入生、たくさん来てくれるといいな。

後半企画は、「まねて手話力アーップ企画!」でした。
グループ内で、A、B、C、の役割を決めます。AとBは向かい合って座り、Bの正面・Aの真横にCは座ります。(このとき、CからはAの手話が見えないように工夫します。)Aは紙に載っている情報を伝えるための文章を考え、Bに対して表します。BはAの手話をまねて表し、CはBの手話を読み取ります。Aが見る紙に載っているのは、目的地までの移動経路の説明図、人物相関図、複雑な状況を箇条書きで示したもの、などなど。

先輩方にAの役をしていただき、その手話表現をまねて、盗もう! というのが主な企画意図です。ただぼんやりと見るだけではなく、同じように手を動かしてみることで、先輩方の手話の工夫に気付くことができました。
他の企画中やそれ以外の手話での雑談の時も、先輩方の手話をまねしてみる癖をつけたいものです。(まねしたいと思える先輩方がいるというこのありがたさ……)

(そして、もうじき自分も“先輩”になるのだというこのおそろしさ……)

新歓までにまだまだ伸びますよね! きっと!
(身長もついでに10センチくらい伸びるといいな!)
自分を信じること! それが大事!

それでは、また来週(・ω・)ノ

3月10日 例会報告

[3月10日 例会報告]
最近、春だなぁと感じます。花粉症のせいかもしれませんし、重みを帯びてきた陽射しのせいかもしれませんし、気のせいかもしれません。
春って、ちょっと苦手なんですけど、新入生と出会うことを考えると楽しみになります( ´ ▽ ` )

さて、今週も前半企画では初級指導練習をしました!

先輩方に新入生役をしていただき、スキットの例文の指導練習です。
とってもノリが良くて飲み込みが早い新入生です。しかも、やけに鋭い良い質問をしてくれます。しかも、質問の答えがわからなかったら、とてもわかりやすく答えてくれます!
あぁ、なんて素晴らしい新入生!

(……あれ、『指導』ってなんでしたっけ?)

そんな細かいことはいいんですよね。教育とは共育。ともに教えあい、ともに育っていくことにこそ意義がある……とかなんとか。

(話ズレてるし関係ないです……)

後半企画では、同じ日本語の意味するところ
を汲み取ってそれぞれどのような手話表現をするか
ということをグループで考えて発表してもらいました
例えば「映画をよく見る」「よく食べる」「海水浴によい季節」の「よい」などです。
同じ音声でも違う意味となる言葉の意味を考えながら今後とも表現方法を考えてほしいと思います。

春は出会いと別れの季節。
もうすぐ新歓が始まります。
ちょっぴり不安ちょっぴり期待!

ともかく、新歓までにはちゃんと指導できるようになりましょう(笑)
でもまぁ、一方的に教えるだけじゃつまんないです。
楽しんでいきましょう!♪( ´▽`)

3月3日 例会報告

前半企画は初級指導練習をしました。
4月からの新歓で新入生に手話を教えるための練習です(・ω・)
初めて手話に触れる人に、手話を、そして手話サークルを楽しんでもらうにはどうしたらいいのでしょうか? それにはきっと手話の知識だけでなく、新入生の心をほぐすトークが必要なはず!

……ですが!!
「手話力以前に、コミュ力が……」という声が多方面から聞こえてきました。
はい、私も「コミュ力が……( ̄◇ ̄;)」と頭を抱えているうちの1人です。
新歓までにどこまで手話力・コミュ力を伸ばせるのか……が、がんばりましょー。


後半企画は「手話単語しりとり」でした。はい、気付いた方いますよね?大きな問題がありますよね?取り敢えず、ここでは置いときます。今回は語彙力アップが目的だったので「しりとり」にしました。
しりとりって、普段使わない単語を強制的に思い出させるゲームですよね?そもそも、ふだん使わない単語を覚える必要があるのかって思う方、いると思います……が、たまに必要になるんです。「たまに」も日常の内ですし。
リスクを負いつつ決行に踏み切ったこの後半企画、実は20分だけでした。盛り上がる前に終わっちゃたような気もしますが、少しでも語彙力アップしてほしい(したい)。…という願いを込めた企画でした。

2月25日 例会報告

前半企画は、いつもとは一味違う単語連想のゲームでした。ペアになり、順番に単語を表していきます。その際、相手の単語と同じ手形もしくは動きを使う単語を表すようにします。(例、高校→神戸→例→部分→)
表した単語は紙にメモしておき、最後は他のペアと紙を交換し、他のペアの単語を表してみました。

手話単語そのものから、手を動かしつつ自由に発想してもらえるようにし、最後に別のペアと紙を交換してたくさんの単語と触れられるようにと考えました。

実は裏テーマとして、『手話単語そのもの』で遊んでみたい……という企画者の個人的な気持ちもありました。
同じ手形、動きで繋げた単語をテンポよく表してみると、なんだかとてもいい感じ!!(((o(*゚▽゚*)o)))
楽しくなってきます!……よね?!
……あれ、私だけですか?(・Д・)


後半企画は、文章訳でした。
企画者は常々、手話で話せることを日常会話にするのではなく、自然な日常会話を手話で行えたらいいな、と思っておりました。そこで、今回は手話で表しやすいかということをある程度、度外視して、一風変わった抽象度の高い文章を用意しました。
抽象度が高くても、必ずしも難しい表現を使う必要はなく、基本的な表現の効果的な組み合わせや、適切なジェスチャーを使って欲しいという願いがありました。
企画中は皆さんやはり苦戦しているようでしたが、たまにはこのような趣旨の企画があっても良いかと思いました。
文章訳の文章作るの、難しいですね。


新歓まであと1ヶ月。
楽しみながら手話力をグーンと伸ばしていけたらなぁと思います!

それでは、また来週( ´ ▽ ` )ノ
プロフィール

京都大学手話サークル運営回生

Author:京都大学手話サークル運営回生
京大手話サークルのブログへようこそ!サークルに関する情報を伝えていきたいと思います。
京大手話サークルHPはこちら!

コンタクト
見学希望の方、または質問・興味がある方はお気軽にご連絡下さい。

コンタクト

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる