1月19日 例会報告

先週末の最強寒波の名残、雪がまだ道路にところどころ残っています。また今週末には寒波が到来するそうです……寒いのは嫌だなあ………さて、19日の例会報告始めますよ~!

まず前半企画では、指文字を沢山使えるようにと以下のようなことを考えました!
日常生活の中で、指文字を使わざるを得ない状況ってどんな状況でしょうか。やはり手話で表しきれない単語が出てきたときだと思います。例えば、お店で「貝のアヒージョ」を注文したいとき。貝は手話で表せますが、アヒージョは…無理ですね。こうしたときに、指文字をスラスラ使えているとアワアワすることもありません!笑

ルールは以下の通り。

①ペアに分かれてください。
②原稿用紙を配ります。
③テーマを提示します。
④ペアで交互にテーマに合った言葉を指文字で表し合ってください。(手話❌)
この時、指文字で表された言葉はペアの片方が原稿用紙に書き入れておいてください。
⑤一定時間経過したら、また別のテーマを提示します。原稿用紙に書く役も交代してください。
~~~~~~~~~~~
⑥指文字の練習ができたところで、注文をしてみましょう!二種類のメニューと注文票を配ります。
⑦ペアの一人は指文字で注文し、もう一人はそれを読み取って注文をとってください。
⑧一定時間経過したら、メニューを変えて、役割も交代してください。
注意 声なし、手話なし

ルールが少しややこしく、難しい面もあったかもしれませんが、例会担当自作のメニューを使って注文をするところはサークル員の皆に楽しんでもらえてたようで良かったです。目指せ指文字上級者!

1/19メニュー

1/19伝票


後半企画は、新運営としては最初の「文章訳」でした。
1グループ4人で、グループ内で1人が文章を表し、他の人は読み取ります。
今回は「話をよく聞きなさい。」だとか「薬を飲んですっかりよくなった。」など、日本語の「よく」が出でくる文章と、表情や体の動き、空間を上手く使った表現が重要になる文章に絞りました。
なかなか手応えのある文章を作ったので苦戦している様子でしたが、時間をたっぷりとったので、よく考えながら取り組めたのではないかと思います。
表情や空間を使った手話特有の表現は身につくのに時間がかかるので、これからも意識したいです。


来週(1/26)の例会はおやすみです。

1月12日 例会報告

京都もついに本格的に雪が降ってきました
だんだん寒くなってきましたが、サークル例会はいつも通り熱気溢れてやっています
例会報告始めます!


前半企画は、ペア対抗ビンゴゲームをしました。

ペアになって、片方にテーマに沿った単語を思い付く限り手話や指文字で表してもらい、ペアの相手がテーマごとの単語の書かれたビンゴカードを見ながら相手の手話を読み取って、ビンゴをつくってもらうという内容です。テーマは家具・家電や職業、都道府県、料理など身近なものから選びました。

5×5のビンゴを完成させるのはなかなか難しかったようで、一つのテーマが終わるごとに参加者の悔しそうな様子が見られました
優勝したペアは、なんと17個もビンゴをつくってくれました。尊敬!

単語のチョイスなど反省点はありますが、ゲームを楽しんでもらえて良かったです。これからも、まずは身近なものを表す手話単語から、こつこつ覚えて語彙を増やしていきたいです。

ビンゴ


後半企画も手話単語にスポットを当てた企画を行いました!サークル一回生が「何となく見たことあるけど…」と思うような単語を集めたつもりです。笑 新しく覚えた単語が一つでも多くあったら担当としては嬉しい限りです。

企画のルールは単純です!グループの中の1人が手話単語の載った紙を1枚引いてその単語を使った文章を声なしで表し、他の人はそれを読み取る、というもの。ですが、難易度をもう少し上げる為、そして指定された単語をなるべく多く使ってもらう為に、もう一つルールを付け加えました。それは「自分の1人前の人が使った単語も使う。」です。つまり、自分と前の人が引いた合計2単語を使わなければいけません。

サークル員が企画に取り組んでる様子を見たところ、2単語という条件に時々苦戦しつつも楽しんでもらえているようでホッとしました。笑 一回生には是非とも今回覚えた単語を使ってもらってどんどん手話で話して欲しいです!今後も、参加者が楽しめて、かつ手話力アップに繋げられる企画を考えていきたいなと思います。

1月5日 例会報告

あけましておめでとうございます!
今回は、運営が交代して最初の例会でした。
まだまだ未熟な私たちですが、この京大手話サークルの温かい雰囲気を引き継いでいけるよう、また、このブログやFacebookを通してその様子をより多くの方々にお伝えしていけるよう、努力していきたいと思いますので、1年間どうぞよろしくお願いします。


前半企画は「あけましておめでとう!みんなで福笑い⁉」というタイトルで、皆さんに福笑い(?)に挑戦していただきました(^ ^)

その内容は、台紙にマスで分割された顔(輪郭のみ)が描かれていて、1人がマス目の番号が載ったカードと顔のパーツが載ったカードをそれぞれ1枚ずつ引き、その番号のマスの縦列と横列の端に書かれた3つ(縦1横2)の手話単語を使って文を作って他の人に読みとってもらい、そのマス目に顔のパーツのカードを置いていく、というものです。

単語は「おせち料理」「年賀状」など、お正月にちなんだ手話単語をたくさん使って文を作っていただきました^ ^

どのグループも作られていく"顔"がとてもユニークで、見ていてとても面白かったです!笑

運営が交代して最初の企画ということで、反省点も多々ありますが、何よりサークル員の皆さんの笑顔を見ることができてほっとしました(^_^)


続いて後半企画です!「歯車トーク!お正月スペシャル」をやりました~

教室の中で2列ずつに並んで座ってもらい、黒板に書かれたテーマについて自分の正面の相手と声なしでトークしてもらうという企画です。

トークテーマは「年末年始はどんなテレビ番組を見た?」「初詣はどこに行った?」「餅はどうやって食べるのが好き? 醤油派?きなこ派?」などお正月にちなんだものを選びました。スムーズにトークしてもらうために、「初詣」「餅」「醤油」などの手話単語の確認を行いました。

これから、今回見つかった反省点を生かしつつ、より楽しく手話を学べるような企画を考えていきたいと思います。
プロフィール

京都大学手話サークル運営回生

Author:京都大学手話サークル運営回生
京大手話サークルのブログへようこそ!サークルに関する情報を伝えていきたいと思います。
京大手話サークルHPはこちら!

コンタクト
見学希望の方、または質問・興味がある方はお気軽にご連絡下さい。

コンタクト

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる