2/5の例会報告

管理人のはむです(´-ω-)ノ(・・・肩書はどうでもいいか)
今回は例会担当だったので報告は僕が書いちゃおうかな。
①前半は文章訳。ネタ元は「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)
評価は散々だったかな。難しすぎる&ジョークが手話では表しづらいこともあり、訳例がなかったことも重なりましたし。
大きく反省します。(あのネタを持ってきたのは他に考える時間がなかったからって理由もあります>顧問さん)
②後半は「嘘つきを探せ!ライアーゲーム」(某京都の手話団体さんからのパクリ)
 テーマを出して自由におしゃべりしてもらう。
 グループの中で数名が嘘をついている。誰が嘘をついてるのかを当てる。
っていう単純なルールです。これは楽しかったと好評でした。
・・・自分も参加したかったよ-。(´・ω・`)
前後半とも目的が曖昧だったかも。・・・精進します。

はむ

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまです!

感想の紙にあんまりちゃんと書けなかったので、ここに…
前半は、難しくても、何かしら意図があったのならそれでOKだったと思います。
ただ、「指文字でも何でも通じればOK」となると、ちょっと「?」だったかもしれません。
訳例は、大変だけど…ね。例会担当さんの各週のお仕事なので、みんな頑張りましょう。
後半楽しかったです!情報保障をしようって動きも活発でとても良い雰囲気でした◎
今日もおつかれさまでした。

感想

昨日感想書く時思い違いしてました、ごめんなさい…  前半:ジョークや格言を手話で表すのは本当に難しかったです。「木は森の中に隠す、失敗は大失敗の中に隠す」……意味をとって訳そうにも中々できず、訳すのにかなり苦労しました。   後半…これは、所謂自由表現型のネタっぽいと思いました。自分が思うこと、感じることを手話で表現できるから、いざ手話で会話しないとってときにスムーズに自分の考えを述べられるようにするためにはかなり良いネタだと思う。それに、嘘つきは誰なのかを当てるのが予想以上に楽しかった。   例会担当本当にお疲れ様です。

追いコンの日程は・・・

卒業予定者の送別会、追いコンの場所と日程そろそろお決まり、でしょうか。
それにしても、冗談の類を訳すのは、手話だろうと外国語だろうと同じことでして、ネイティヴでないと、その面白さはわかりがたいものなんですね。解説は可能ですけれど。

「幽霊のように生きている」って文があったけど、
ああいう言葉の音をとったダジャレのようなジョークは、
「意味を取って訳す+指文字で音を表す」
という形で、何がジョークになっているのか、
解説的に訳します。
日常的な会話の中でも健聴者はダジャレを時々言うものなので、
訳し方を覚えるのは、意味はあるとは思います。
そういう訳のポイントまで言えたら、
学習ネタとして、より良くなったかもだけど。
今の時期は、一回生が色々やってみたいネタを試して練習する時期なので、
完成度よりも、やってみたいネタを優先して欲しいところです。
プロフィール

京都大学手話サークル運営回生

Author:京都大学手話サークル運営回生
京大手話サークルのブログへようこそ!サークルに関する情報を伝えていきたいと思います。
京大手話サークルHPはこちら!

コンタクト
見学希望の方、または質問・興味がある方はお気軽にご連絡下さい。

コンタクト

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる