2月16日 例会報告

少しずつ風が暖かくなってきましたね(^ ^)この調子で春が訪れてくれるといいのですが...
さて、例会報告です!

前半企画では、「手話かるた」をやりました。ルールはグループに分かれて、かるたの取り札に書いてある単語を全て確認した後、代表者が読み札の束から一枚選び手話で表して他のメンバーが手話単語を読み取り、机に並べてある札を取るというもので代表者は交代していきます。最終的にグループ内で札を1番多く持っている人の勝ちです。
始めに、単語の確認の時間を取ったのでサークル員全員が楽しめたのではないかと思います。

20170216.jpg


後半企画では「文章訳」をしました!今回は、「〜したい」「〜ほしい」「お願い」などの希望の表現の訳しわけと、「見る」と「見られる」、「言う」と「言われる」のような表現の方向性をテーマにした文章を用意しました。なかなか苦戦しているようでしたが、それぞれ工夫しながら表していて、作った側としてもとても勉強になりました(^ ^)
似た意味の言葉の訳しわけや表現の方向を意識するのは難しいですが、徐々に身につけていけたらと思います。

2月9日 例会報告

フィードバック期間も終わり、春休みが完全に始まってから初めての例会報告始めます!

前半企画では、「他己紹介」をやりました。ルールはグループに分かれて自己紹介カードを記入し、グループ間でカードを交換して誰の自己紹介かを当てあうというものでした。
自己紹介の内容は、今まで頑張ってきたこと、最近嬉しかったこと、最近イライラしたこと、地元でオススメの場所、最近お金を何に使っているかといった普通の自己紹介とは少し違ったものでした。
今回は想定よりも参加人数が少なく、難易度が簡単になってしまったのか全グループが誰の自己紹介かを当てられていました。また、所々反省点も見つかったので、今後企画を考える際に活かしていければと思います。

20170209.jpg


後半企画は、「歯車トーク!バレンタインスペシャル」をやりました。
教室の中で2列ずつに並んで座ってもらい、黒板に書かれたテーマから話したいテーマを選んで、自分の正面の相手と声なしでトークしてもらうという企画です。
バレンタインスペシャルと言いつつもトークテーマは、春休みにしたいこと、理想のバレンタイン、頑張った単位、最近のマイブーム、帰省したら実家ですること、最近読んだ本、とバレンタインネタは一つしかありませんでした。笑
みんな楽しくトークできていたようなので、例会担当もホッとしてます。

2月2日 例会報告

運営が始まって早くも1か月が経ち2月になりました。今月最初の例会報告です!

前半企画は「クイズで国名の手話を楽しく覚えよう!」をやりました。アメリカやフランスなど表し方を知っている人が多い国から、エジプトやキューバなど手話があまり知られていない国までいろんな国名の手話を扱いました。
国名の手話をただ覚えるだけでは面白くないということで、「マカロンの発祥地の国は?」「公用語が4つあるヨーロッパの国は?」など、その国にまつわる雑学を学べるクイズ形式にしました。難しく作ったつもりだったのですが、正解数が予想以上に多かったです…次やる時は問題をもう少し工夫したいと思いました。

続いて後半企画です。前回に引き続き「文章訳」をやりました。
「スマホを池に落としてだめにしてしまった」「何度頼んでもだめだった」などの「だめ」を使った表現の訳しわけと、「見渡す限りの銀世界」「雪化粧した金閣寺」など情景を表す方法を取り上げました。
隠された意味を解釈したり、表情や空間を上手く使ってみたりなど、手話表現の幅を広げていきたいですね!

1月19日 例会報告

先週末の最強寒波の名残、雪がまだ道路にところどころ残っています。また今週末には寒波が到来するそうです……寒いのは嫌だなあ………さて、19日の例会報告始めますよ~!

まず前半企画では、指文字を沢山使えるようにと以下のようなことを考えました!
日常生活の中で、指文字を使わざるを得ない状況ってどんな状況でしょうか。やはり手話で表しきれない単語が出てきたときだと思います。例えば、お店で「貝のアヒージョ」を注文したいとき。貝は手話で表せますが、アヒージョは…無理ですね。こうしたときに、指文字をスラスラ使えているとアワアワすることもありません!笑

ルールは以下の通り。

①ペアに分かれてください。
②原稿用紙を配ります。
③テーマを提示します。
④ペアで交互にテーマに合った言葉を指文字で表し合ってください。(手話❌)
この時、指文字で表された言葉はペアの片方が原稿用紙に書き入れておいてください。
⑤一定時間経過したら、また別のテーマを提示します。原稿用紙に書く役も交代してください。
~~~~~~~~~~~
⑥指文字の練習ができたところで、注文をしてみましょう!二種類のメニューと注文票を配ります。
⑦ペアの一人は指文字で注文し、もう一人はそれを読み取って注文をとってください。
⑧一定時間経過したら、メニューを変えて、役割も交代してください。
注意 声なし、手話なし

ルールが少しややこしく、難しい面もあったかもしれませんが、例会担当自作のメニューを使って注文をするところはサークル員の皆に楽しんでもらえてたようで良かったです。目指せ指文字上級者!

1/19メニュー

1/19伝票


後半企画は、新運営としては最初の「文章訳」でした。
1グループ4人で、グループ内で1人が文章を表し、他の人は読み取ります。
今回は「話をよく聞きなさい。」だとか「薬を飲んですっかりよくなった。」など、日本語の「よく」が出でくる文章と、表情や体の動き、空間を上手く使った表現が重要になる文章に絞りました。
なかなか手応えのある文章を作ったので苦戦している様子でしたが、時間をたっぷりとったので、よく考えながら取り組めたのではないかと思います。
表情や空間を使った手話特有の表現は身につくのに時間がかかるので、これからも意識したいです。


来週(1/26)の例会はおやすみです。

1月12日 例会報告

京都もついに本格的に雪が降ってきました
だんだん寒くなってきましたが、サークル例会はいつも通り熱気溢れてやっています
例会報告始めます!


前半企画は、ペア対抗ビンゴゲームをしました。

ペアになって、片方にテーマに沿った単語を思い付く限り手話や指文字で表してもらい、ペアの相手がテーマごとの単語の書かれたビンゴカードを見ながら相手の手話を読み取って、ビンゴをつくってもらうという内容です。テーマは家具・家電や職業、都道府県、料理など身近なものから選びました。

5×5のビンゴを完成させるのはなかなか難しかったようで、一つのテーマが終わるごとに参加者の悔しそうな様子が見られました
優勝したペアは、なんと17個もビンゴをつくってくれました。尊敬!

単語のチョイスなど反省点はありますが、ゲームを楽しんでもらえて良かったです。これからも、まずは身近なものを表す手話単語から、こつこつ覚えて語彙を増やしていきたいです。

ビンゴ


後半企画も手話単語にスポットを当てた企画を行いました!サークル一回生が「何となく見たことあるけど…」と思うような単語を集めたつもりです。笑 新しく覚えた単語が一つでも多くあったら担当としては嬉しい限りです。

企画のルールは単純です!グループの中の1人が手話単語の載った紙を1枚引いてその単語を使った文章を声なしで表し、他の人はそれを読み取る、というもの。ですが、難易度をもう少し上げる為、そして指定された単語をなるべく多く使ってもらう為に、もう一つルールを付け加えました。それは「自分の1人前の人が使った単語も使う。」です。つまり、自分と前の人が引いた合計2単語を使わなければいけません。

サークル員が企画に取り組んでる様子を見たところ、2単語という条件に時々苦戦しつつも楽しんでもらえているようでホッとしました。笑 一回生には是非とも今回覚えた単語を使ってもらってどんどん手話で話して欲しいです!今後も、参加者が楽しめて、かつ手話力アップに繋げられる企画を考えていきたいなと思います。
プロフィール

京都大学手話サークル運営回生

Author:京都大学手話サークル運営回生
京大手話サークルのブログへようこそ!サークルに関する情報を伝えていきたいと思います。
京大手話サークルHPはこちら!

コンタクト
見学希望の方、または質問・興味がある方はお気軽にご連絡下さい。

コンタクト

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる